2018年8月6日月曜日

DULTON サーキュレーターに注油

DULTON サーキュレーターに注油しました。

ちょっとレトロで武骨なデザインが気に入って毎年夏になると使っています。スイッチをひねると回り始めの動きが悪くなってきていたので修理しようと分解していると写真の赤丸のところに小さい穴があるのに気づきました。以前に調べたときに「古い扇風機では注油する穴がある」というのを思い出してこの穴がそれっぽかったので、機械オイルを注入したところモーターがすんなり動きました。ここから入った油が下に流れて軸と軸受の隙間に流れ込むのではないかと思います。この穴は前側にもあり、両方に注油するといいようです。

説明書には注油に関する記載がありませんでしたので正しいかどうかはわかりませんがまた動きが悪くなったらこの記事を読み直そうと思います。
こんな簡単なことで機械の寿命が延びるのですから「お手入れの仕方」などとして説明書に書いておいてほしいものです。

スイッチのつまみは以前割れた時に汎用品と交換しました。当初のものではありません。

2018年5月27日日曜日

テーブルソーのスイッチ交換-改

テーブルソーのスイッチ交換」からスイッチをまた変えました。

米国amazonでちょうど良いサイズのスイッチがあったので注文して早速取り替えてみました。(Superior Electric SW7A Aftermarket On-Off Toggle Switch for Delta 489105-00 & Ridgid 46023
パナソニック製スイッチは"取って付けた"感がすごかったのですが、このスイッチは違和感なく、操作性も良くなったと思います。スイッチを覆う庇みたいなカバーはこのスイッチの操作に邪魔だったので取り付けませんでした。
接続には接続端子が必要だったのでホームセンターにて入手しました。(写真上部)

2018年5月13日日曜日

CD整理箱または棚 完成

CD整理箱または棚ができたので設置してみました。

オイル仕上げ後1週間です。木口が白い5個が今回作ったもの、下の方は以前に作ったものです。オイルの乾燥が完全ではないので下にクッキングシートを敷きました。

2018年5月3日木曜日

CD整理箱または棚

CD整理箱?CD整理棚を作っています。
テーブルソーのスイッチを交換した時に作っていたのがこれです。
最近はそんなにCDを買っていないのですが、昔のFM番組を録音していたカセットテープからコンピューターに録音し、曲ごとに切り分け、CDに焼くという作業をしていまして、追加のCD整理箱が必要になってきました。
 外寸はw450xd150xh174で、すでに12個あるのですが、それらをただ廊下の片隅に積み上げて棚にしています。

ホームセンターで3x6版の12mmラワン合板をある程度の大きさにカットしてもらい、家で更に細かく切り分けました。ノコ刃の分ロスが出るので全部で5個出来ます。(木目方向を変えると6個できるのですが、木目方向の都合で5個なのです)
右が背板(450x150)に側板(138x150)を接着しているところ、左がそれに天板(450x150)と底板(450x150)を接着しているところ、真ん中が組み立て完了したもの(仕上げはこれからです)です。

既製品だと廃盤になって同じものが手に入らないことがよくありますが、自作の場合は同等品が追加出来るのでいいですよ。

2018年4月30日月曜日

テーブルソーのスイッチ交換

テーブルソー(CRAFTSMAN)のスイッチが故障したので交換しました。

合板をテーブルソーで切っていたらスイッチ付近から煙が出てきたので作業を止めて点検したところ内部の配線が一部溶けて断線していました。写真上は取り外したスイッチの裏側です。金色の端子が3つ見えますが実は右上の端子が溶けて黒くなっています。プラスチックの部分も溶けていました。
このままでは作業ができないのでホームセンターに行って両切りスイッチとプレート取り付け枠を買ってきて取り付けました。(白いスイッチはパナソニック製)テーブルソーは120V/15Aですがスイッチは300V/15Aなので容量的には大丈夫だと思います。

中に木の粉が侵入して発火した感じでもなく原因は不明です。この後作業を再開しましたが特に問題ないようでした。